アーチブレーカー

アーチブレーカー

アーチブレーカーは代表的なブリッジ防止装置として鉱石粉、石灰粉、穀粉等、粉粒体業界の広い分野で好評をいただき数多くの実績を持つ製品です。
アーチブレーカーは貯蔵タンク(ホッパー)内の粉粒体に起る「居付き」「ブリッヂ現象」、「ラットホール」等、種々なトラブルを防止、解消し粉粒体の排出を容易且つ完全に行い、高能率の作業性が得られます。
ホッパー並びにホッパーに連結した計量関係の自動化省力化によるコストダウンと、労働安全衛生面にお役立て下さい。

  • 特徴
  • 仕様
  • 注意事項

特徴

1、粉粒体に直接大きな衝撃を与える。
2、ホッパー壁面の傾斜角を変える。
3、粉粒体にユサブリを与える。
4、ホッパー壁面が上下運動を繰り返す。
5、既設ホッパーの形状に適う設計を致します。
6、音が小さい(標準80ホーン)
7、粉粒体に直接空気が接触しない。
8、消費電力が小さい。使用電力100V〜200V(50HZ〜60HZ)
9、保守管理が容易。

特徴

仕様

項目 仕様
基布 ホッパー貯蔵量に依り、又接触する粉粒体の化学特性に依りビニロン、ナイロン・テトロン等の厚織布の何れかを選定致します。
材質 接触する粉粒体の特性に依り、食品用耐熱用等、最も適性の高い材質を選定使用致します。
構成 ダイヤフラム、エアーシリンダー、制御装置、給排気装置、取付板、ボルト組、配管材料
制御装置 450×600×250mm
給排気装置 550×700×250mm
使用空気圧 0.07〜0.1MPa
仕様1
仕様2

注意事項

  • 取付の際には、火気に十分注意してください。
  • 鋭利な器具を使用する場合、製品に傷をつけないように十分注意してください。
  • 保管する場合は、高温多湿の場所を避けてください。
  • 空気圧力は、規定以上に高くしないでください。