フジクラコンポジット FUJIKURA COMPOSITES

環境への取り組み

環境への取り組み

さまざまな事業活動は、地球環境という「恵み」を土台にすることで成立しています。
フジクラコンポジットは常にそのことの大切さを、全社員が認識しています。
当社は過度な規模拡大を求めるのではなく、ゴム加工および素材複合化という独自な事業活動を深く掘り下げながら環境負荷も抑制し、美しい環境を次世代に残したいという使命感を強く持っています。

環境保全活動

当社は本社、大阪支店、及び工場にて環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得しております。
生産活動に伴う環境影響を抽出し、継続的な改善活動を実施しております。
主要テーマとしましては省エネ活動、廃棄物削減活動、地球温暖化対策(CO2排出削減)、VOC排出量削減、化学物質管理などを取り上げております。
情報提供方法として、環境報告書でのデータ開示、地域住民を対象にした環境コミュニケーションなどを実施してまいりました。

環境・労働安全衛生(OH&S)方針

01.
全ての事業活動において環境・労働安全衛生マネジメントシステムを確立し、継続的に改善を行い環境負荷軽減、汚染の予防及び労働安全衛生維持向上に努めます。
02.
全ての事業活動における環境側面及び危険源の特定を行います。その為にはその 存在を認識し、その特性を明確にするプロセスを構築し、是正・予防に努めます。
03.
環境負荷軽減及び安全衛生の目標と改善計画を文書化し、その実施状況を確認し、年度毎に見直しを行います。
04.
環境及び労働安全衛生関連の法律、条例、協定及び当社が同意するその他の 要求事項を順守します。
05.
環境・労働安全衛生方針を組織で働く人又は組織のために働くすべての人に周知し、環境保全及び労働安全衛生への意識を高めます。
06.
環境・労働安全衛生方針を広く一般に開示します。

環境行動目標

01.

省エネについて

2010年度を基準に2015年度まで、全社で5%減単位の改善を行う。

02.

廃棄物について

埋立産廃削減:全社で2010年度を基準に2015年度までに総量で10%削減する。

03.

リサイクルについて

ユーザー産業等と連携をとりつつ、回収、リサイクルに関する調査、分析、研究を進め、廃ゴム製品のリサイクル向上に取り組む。

04.

温暖化対策について

2008〜2012年度の5年平均におけるCO2の排出量を1990年度に対して10%削減する。*日本ゴム工業会「環境保全に関する自主行動計画」統一活動。

05.

VOC対策

VOC(揮発性有機化合物)の総排出量を2000年度基準に2015年度までに50%削減する。*揮発性有機化合物の定義は、日本ゴム工業会指定17物質。)