フジクラコンポジット FUJIKURA COMPOSITES

沿革 History

ゴム引布の製造技術を起点に、時代の新しいニーズをとらえ、関連分野・周辺分野で数々の新製品を生み出してきました。

当社は、創業者・藤倉善八の遺志を継承した松本留吉が、1901年(明治34年)に藤倉電線護謨合名会社を創立したことに始まります。藤倉善八の甥・岡田顕三が1896年(明治29年)に渡米し、ゴム引防水布の製造法を取得して帰国。日本で最初のゴム引布工場をスタートさせました。

ゴム引布は、工業用ゴム製品や電気絶縁材料など、今日の市場で流通している多くの商品にも受け継がれており、1世紀以上にわたって社会の発展に大きく貢献しています。

1901  明治34年
藤倉電線護謨合名会社を創立、ゴム引防水布の製造を開始。
1910  明治43年
電線部門とゴム部門を分離し、「藤倉合名会社防水布製造所」と称す。
1928  昭和3年
飛行機用落下傘製造。防毒面製造。
1931  昭和6年
飛行機用タイヤ製造。
1948  昭和23年
社名を藤倉ゴム工業株式会社と改称。
1952  昭和27年
軽登山靴「キャラバンシューズ」製造。
1962  昭和37年
埼玉県大宮市(現 さいたま市大宮区)に大宮工場を建設。
1969  昭和44年
福島県原町市(現 南相馬市原町区)に原町工場を建設。
1971  昭和46年
埼玉県岩槻市(現 さいたま市岩槻区)に岩槻工場を建設。
1974  昭和49年
ゴルフ用カーボンシャフト製造。
1994  平成6年
米国カリフォルニア州ビスタ市にFujikura Composite America, Inc.設立。
1995  平成7年
東京都世田谷区にフジクラゴルフクラブ相談室を開設。
1996  平成8年
中国浙江省杭州市に杭州藤倉橡膠有限公司設立。
2001  平成13年
CIを導入し、新しい企業理念を構築。コーポレートブランドネームを「フジクラコンポジット」と定める。
2002  平成14年
ベトナムハイフォン市にFUJIKURA COMPOSITES HAIPHONG, Inc.を設立。
2006  平成18年
米国オハイオ州にIER FUJIKURA, Inc.を設立
2010  平成22年
日興ゴム工業株式会社と株式会社フジクラエンタープライズを吸収合併。
2011  平成23年
福島県南相馬市小高区に小高工場を建設。
岩槻工場内にエンジニアリングセンターを竣工。
本社を江東区に移転。
旧大宮工場跡地を売却。
2012  平成24年
韓国ソウル市にFujikura Composites Korea,Co.,Ltd.を設立。
埼玉県加須市に加須工場設立。
中国浙江省に安吉藤倉橡膠有限公司を竣工。
2014  平成26年
FUJIKURA COMPOSITES HAIPHONG, Inc. 敷地内に第二工場を竣工。