INTERVIEW

工場見学で「自分に合っている」と直感。各部門への協力・支援がミッション

RIKA TAKAHASHI

材料素材系(技術開発) 高橋 里香 技術統括部 技術開発チーム 2007年入社

入社の動機

大学院ではフッ素系高分子材料を利用した応用研究をしていました。研究職を希望して就職活動をしていたところ、研究室の先生から紹介されました。

学生時代の思い出

合唱部、オーケストラサークルなど音楽系の活動をしていました。いまもピアノはひきますが、どちらかというと卓球(一応、卓球部の部長です!)やバドミントン、ゴルフなどスポーツサークルに夢中です。

入社経緯

工場を見学し「ここで働きたい!」と直感的に入社を決意

入社経緯

面接前に工場を見学したのですが、大きなロールを使ってゴム練りをしたり、成型、加硫等の細かい工程を初めて見て、衝撃を受けました。
自動化されたラインで検査や点検だけをしているのとは違い、ラインは細かく手作業も多い。いつか自分が開発したモノが同じようにこうしてラインで流れたり、量産になるという過程に携わりたい。直感的に「この会社で働きたい」と強く思い、入社を決めました。

基本的に研究の仕方は学生時代と変わりませんが、実験で少量の薬品をいじるのとは違い、ここでは試作用のゴム1kgを練ったりします。ゴム練るのって大変なんですよ! それまでゴムってぼんやりしたイメージしかありませんでしたが、自動車部品や冷蔵庫、洗濯機、お手洗いなどの住宅設備の水まわりにも多く使われている重要な部品。知れば知るほど、楽しくなります。

仕事スタイル

各部門と関わりながら、製品をよりよくしていくのが技術開発チームの役目

仕事スタイル

技術開発チームは各部門の様々な製品開発に協力・支援していく部門です。
最初の2ヶ月は工場で製造の仕上げ工程を実習。作業性の悪いところを見つけてそれをどう改善していくのかをテーマにして研究しました。
その次は1ヶ月間岩槻工場の印材部門で研修。技術開発に戻ってからはゴムの成型プロセスからいろんな測定器の使い方を教えていただき、実務につきました。

いま私が任されているのは加工品部門との共同開発。具体的には筏に使う接着剤を、環境や人体に悪影響を及ぼす溶剤を使用せず、できるだけ体にやさしいものに変えられないかどうか試験しています。その他、工業用品部門や制御機器部門との関連で、各種材料の新規合成開発も行っています。研究はすぐに結果が出るわけではありません。必要なデータを取るために、測定だけで8時間かかることもあり、失敗データも出てきます。けれど、自分の意図した結果が出たときはもちろん、意図しない結果が出たときも、別の道が開けてきておもしろいですね。さまざまな部門と関わりながら研究を進めていくので、仕事はいつでも新鮮です。

この仕事のコツ

お互いに働きやすい環境を作っている。上司との連携もバッチリです!

この仕事のコツ

入社前から会う人はみな笑顔で挨拶してくれて、アットホームな雰囲気のいい職場だと感じていましたが、それは入社後も変わりません。仕事で関わりがなくても、サークルやスポーツレクレーションで一緒になることがある。仕事以外でも人間味がある付き合いができるのがいいですね。

研究も自由にやらせていただけるケースが大半。最初のテーマは上司から告げられることが多いのですが、最近は「こういうものやりたい」と自分から言うとそれを後押ししてくれるようになりました。間違った方向にいったときは指摘してくれます。「やってください」と言われたことだけをやるのではなく、自分の意見を述べながら、かつ上司との連携もうまく取れるというのは、研究をする上で重要です。「こんなことをしてみたい」など、自分のやりたいことを持っている人には、最適な職場だと思います。

PAGE TOP