INTERVIEW

試作を繰り返しながら「ゴム」の配合から製品化までトータルに開発

MASATO KUROE

材料素材系(工業用品) 黒江 雅人 技術統括部 材料技術グループ 工場用品チーム 2011年入社

入社の動機

世の中で幅広く使われているモノを作るメーカーに入社したかった。創立100年以上の歴史がある藤倉ゴム工業の技術力なら間違いないと思った。

学生時代の思い出

兵庫県出身で大学は長野県で一人暮らし。似た境遇の仲間が多く、よく友達の家で鍋パーティーや麻雀をして遊びました。

入社経緯

学生時代の研究テーマも、ゴム+素材という複合化技術

入社経緯

大学と大学院ではカーボン材料の研究をしていました。私はたまたま、ゴムにカーボンナノチューブやカーボンブラックを配合し、その電気伝導性がどうなるかを研究していました。現在の業務に近い研究です。

ゴム+素材、のような複合化技術を研究するには、大きな設備が必要なのですが、大学ではその設備がなく、小さなことしかできませんでした。また理論的なところからの勉強が不足していました。しかし、大学の研究内容を活かしたいと思い、また、さらにゴムについて詳しくなってゴム製品に携わりたいと思い藤倉ゴムに入社しました。

入社してみて、藤倉ゴム工業のように歴史があるというのはすごい強みなのだと気づきました。お客様からの信頼は厚いし、蓄積されたデーターもたくさんある。新しい会社だったら全部自分で研究しなければならないところが、過去の実績という引き出しがたくさんあるので、そこから新しい製品の開発に繋げて行けるのは強いな、と感じます。

仕事スタイル

お客様のニーズに合わせて、新しい配合や既存の配合を選定

仕事スタイル

工業用品グループのお客様は多種多様で、ゴム部品も様々なタイプのものが使用されます。
開発のプロセスとしては、まずお客様の引き合いに応じて、ゴムの種類や配合薬品を選定し、試作配合を作ります。そこで、試作配合がお客様が求めるスペックを満足し、見積りとの兼ね合いが取れれば材料が一時的に決まります。スペックを満足しなければ、振り出しに戻ることもあります。

次に、製品形状で試作をします。ここで製品の加工性、量産性、寸法などを確認します。量産工程では上手くいかないこともあるので、加工性については特に重要視して確認します。試作品が上手くできれば、お客様に提出し、評価していただきます。例えば車の排気ガスケットの場合、ガスが漏れないか、長期使用に耐えるかなどがお客様によって確認されます。長期的な試験もありますが、そこで問題があった場合は、また試作配合の検討からを繰り返すこともあります。

今の所属部署に配属されて間もない頃、車のガスケットの引き合いをいただいたことがありました。開発途中でお客様に「もっと高性能なものを」と要求され新しい配合から立案することがありました。採用後も加工性の問題などもありましたが、上司にも助けられながら無事納入することができました。新配合の開発から製品が量産されるまでの過程でクリアすべきポイントが多く、苦労もありましたが、お客様に満足していただき、技術者としての自信にもなりました。

この仕事のコツ

前例がないところにも、チャレンジしていきたい

この仕事のコツ

材料の選定から量産化するための加工まで、開発のあらゆる工程に携わるのですが、この仕事は1人の天才がいれば問題が解決できるというわけではありません。量産化につまずいたときなどは、技術部門と製造部門、またその中間に位置する生産技術部門の人たちとの協力は欠かせません。また、そもそもの材料の選定の段階で、既存のものでは満足する製品を作れない場合、仕入れ先のメーカーに新素材を提案してもらうこともあります。様々な人に協力してもらえるよう、日頃から勉強し、コミュニケーションを取って行くことが大切です。

当社の製品は、日本国内だけでなく海外でも使われています。自分も今後、海外で働く機会もあると思いますが、それも経験として蓄積していきたいです。また、特許も積極的に取得していくつもりです。

創業100年以上の技術力といっても、当社にも足りないところや苦手な分野もあります。今後、前例のない、先人たちのやっていない新しい製品の開発にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

PAGE TOP