HOME > 当社の取り組み > 研究開発 > プリンテッドエレクトロニクス

 
新聞や雑誌を印刷するように、印刷技術を用いて電子回路などのエレクトロニクス製品を
大量に高速に低コストで製造する次世代の技術として期待されています。
グラビアオフセット印刷   特徴   耐刷性の向上  

グラビアオフセット印刷

凹版(グラビア版)を使ったオフセット印刷の応用です。
ドクターユニット(ブレード)によりペースト(インキ)を彫刻したパターンの中に充填します。
凹版上でブランケット胴を転がすとペーストがブランケット胴上に受理(オフ)します。
ワークの上でブランケット胴を転がすとインキが転写(セット)されます。
 
グラビアオフセット印刷は、ワークに転写したペーストの膜が個体や半固体の状態です。 
そのため流動性が低く、より微細化のご要望にお応えできます。 

特徴

①版より受理したペースト(インキ)を100%ワークへ転写できます。
②表面の平滑さ:ブランケットの表面を特殊加工し、微少領域での表面粗さはRa<数十nmです。
③界面特性のコントロール(受理転写のバランスを制御)で、膜厚均一性の高い印刷が可能です。
 
 
 
 
 

耐刷性の向上

(膨潤対策)
耐刷性の向上を図ることは膨潤対策を取ることと当社では考えます。
印刷は複合条件により成り立ちますので、詳細は下記までお問い合わせ下さい。
 

お問い合わせ

詳細は下記までお問い合わせ願います。

メールでのお問い合わせはこちらへ

カタログ

※本品は開発品で、詳細は下記までお問い合わせください。
※用途に応じてサンプル提供致します。詳細はお問い合わせページから連絡願います。
下記からダウンロードをお願い致します。

catalog.png